自宅玄関にぴったりなドアノブを見つけよう~ドアノブのココに注目~

ドアノブはどれも同じじゃない~違いを見分ける方法~

鍵屋が取り扱っているドアノブは色々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。こちらで代表的なドアノブをチェックしておきましょう。

代表的なドアノブ

インテグラル錠
玄関や勝手口によく使用されるドアノブです。1スピンドルと2スピンドルという2種類の構造があり、それぞれ似ていますが、互換性がないのでドアノブ交換の際に間違いやすいです。
ハイス両玉
ハイス両玉とは、室内で使用される握り玉の事です。寸法や構造がインテグラル錠と異なっています。ハイス両玉の中でも、特に普及しているのが川口技研製です。
レバーハンドル錠
握り玉よりも開閉がしやすいドアノブが、レバーハンドル錠です。玄関や室内などさまざまな場所で使用されていて、手で掴み下げるだけで開けられる構造になっています。
プッシュプルハンドル錠
ハンドルを押したり、引いたりしてドアを開閉できるのがプッシュハンドル錠です。近年普及してきているタイプですが、ラッチの動きが悪くなり、ドアの開閉がしにくくなる事が多いです。

ドアノブの選び方にはコツがある!

「持ち手」がポイント

自宅玄関のドアノブを選ぶときは、まず持ち手に注目しましょう。持ち手は、円筒状やポール型のイメージが強いですが、中には棒状になっているタイプもあります。持ち手は使いやすさに影響するだけではなく、玄関の雰囲気にも影響を与えます。ですから、どんな持ち手が部屋の雰囲気に合っているかどうかを考えると良いでしょう。

素材選びも大切

ドアノブの素材も選ぶときには重要なポイントになります。同じ形や大きさをしているドアノブでも、素材が変われば雰囲気は大きく変わります。木製のドアだから、木製を選ぶ必要はなく、ステンレス製やアルミ製を選んで、耐久性を高めるという事もできます。ドアと同じ素材を選べば、一体化して見せる事ができます。

TOPボタン